銀行員の転職を成功させるために必要な知識まとめ

こんにちは。

管理人のよしのりと申します。

ここは銀行員からの転職を目指すあなたに必要な情報が詰まった場所です。

次の職場でもあなたらしく活躍するために正しい方法で転職を目指しましょう!

私は銀行員から大手転職支援会社へ転職を成功させました。

現在、転職業界に身を置くからこそ分かる、転職の”いま”をご紹介します。

転職する理由は人それぞれです。

  • ステップアップ
  • なんとなく
  • 銀行員が嫌になって

もし仮に、後ろ向きな転職であっても準備を怠ってはいけません。

あなたがたまたま銀行員に向かなかっただけであって、あなたが活躍できる職場は必ずあります。

転職は「準備」と「パートナー」が成功するために欠かせません。

日々のノルマや休日の地域貢献活動で忙しいとは思いますが、片手間で転職活動は行えません。

転職を決意したのであれば、時間を作ってでも転職へ向けて活動をスタートしましょう。

しかし。

とりあえず、プロの話を聞きたいという姿勢も「有り」です。

後ほど紹介する、転職エージェントは転職のプロです。

あなたの転職が早すぎると感じた場合は、今の場所でもうひと頑張りすることを薦めます。

転職は1人で活動するものでは有りません。

まず、あなたの相棒となるパートナーの選び方をご紹介します。

次に、銀行員と一括りにしても様々な立場な人がいますので、立場別の目線で転職を成功させるポイントをご紹介します。

全てを読むと長くなりますが、あなたに関係する箇所だけ目を通してください。

更に深く知りたい場合は関連記事をご紹介していますので、ご覧ください。

このサイトで出会ったあなたの転職が成功することを切に祈念しております。

おすすめ転職エージェントまとめ

転職を成功させるために欠かせないパートナーが転職エージェントです。

転職エージェントとは「転職したい人と優秀な人材を採用したい企業を結びつける存在」です。

あなたは転職を希望する人材として転職エージェントと協力して希望する業界や企業へ転職を目指します。

エージェントには、文字どおり転職業界に精通したコンサルタントが在籍しています。

数多くの転職希望者の転職を支援してきた業界のプロです。

銀行員からの転職を目指すあなたの疑問や自己分析をサポートしてくれます。

現在、転職エージェント業界は群雄割拠です。

業界大手のリクルートやインテリジェンスだけではありません。

外資系の企業や新興勢力で力をつけているベンチャー企業まで多岐に渡ります。

これら全ての転職エージェントに登録する必要はありません。

しかし。

1つだけのエージェントに頼り切って転職活動を進めてはいけません。

何事もセカンドオピニオンが大切です。

業界大手同士や大手とベンチャーなど組み合わせを変えて様々な意見を取り入れましょう。

特に業界大手同士は目玉求人を取り合っています。

大企業の目玉求人は非公開かつ独占求人であることは珍しくありません。

1つだけのエージェントでは、限られた情報の中で転職を目指すことになります。

複数の求人を吟味して、あなたらしく働ける転職を成功させるために複数のエージェントへ登録しましょう。

この後、合計11個のエージェントをご紹介します。

エージェントの紹介後は転職を成功させるポイントをまとめています。

お急ぎの方はスクロールして飛ばしてください。

リクルートエージェント

リクルートエージェントは業界最大手のリクルートグループに属する転職エージェントです。

リクルートと言えば、就活や転職業界で最大手の人材総合グループ企業です。

最大手企業が持つ情報量や転職ノウハウは他社を圧倒しています。

グループ内にリクルートワークス研究所というシンクタンクを持ち、業界の研究も行なっています。

転職を目指すなら、まずはリクルートエージェントの話を聞いておけと言っても過言ではありません。

それほど保有するデータや情報量が多く、転職者に対して真摯に向き合っています。

保有する求人も公開・非公開を含めて膨大な案件を抱えています。

日本を代表する大企業から地方を担う中堅企業まで多岐に渡ります。

  • 地方から東京へ出たい
  • 東京から地方へ帰りたい

どちらの要望にも確実に応えることができます。

また、リクルートは若者向けのエージェントではありません。

全年齢に対応しており、40代を超えた転職成功者も多数輩出しています。

膨大な求人を抱えているからこそ、全年齢で利用したいエージェントと言えます。

転職エージェントならまずはリクルートからを自信を持ってオススメします。

>>リクルートエージェントへの登録は公式サイトから

ジョブクル

毎日の仕事が忙しくて、腰を据えて登録できない!という方にオススメなのがジョブクルです。

ジョブクルはアプリで完結する転職エージェントなんです。

アプリで完結するからこそ、通勤時や休憩時に求人情報をチェックすることができます。

アプリだけだからと言って馬鹿にしてはいけません。

プロのキャリアアドバイザーがアプリ内のチャット機能を通じてあなたの転職相談に乗ってくれます。

時間を作って、転職サイトを眺めるのが苦手な人にぴったりなエージェントです。

求人情報もあなたの希望に合ったものがチャットに送られてくるので帰りの電車でチェックするだけで済みます。

興味がある求人だけに応募するだけで転職活動が進んでいくのです。

時間がない!というあなたはジョブクルから転職活動をスタートしてみてはいかがでしょうか。

>>ジョブクルのアプリダウンロードはこちら

DODAエージェントサービス

インテリジェンスという会社が「パーソルグループ」という社名に変更されたことを知っていますか?

その旧インテリジェンス、現パーソルグループの転職エージェントがDODAです。

DODAエージェントサービスはリクルートエージェントと並ぶ業界大手エージェントです。

最大手のリクルートを追い抜くために日々努力しています。

そのため、リクルート同様に日本を代表する大企業の未公開求人を多く保有しています。

大企業へのステップアップ転職を目指しているのであれば登録は必須と言えます。

  • リクルート
  • インテリジェンス

この2つの転職エージェントを使いこなすことが大企業への転職には欠かせません。

>>DODAエージェントサービスへの登録は公式サイトから

ランスタッド

外資系の転職エージェントで最もオススメしたいのがランスタッドです。

世界的な転職エージェントグループとして海外でも有名です。

あまり知られていないエージェントですが、日本国内でも転職事例が多い外資系企業の1つです。

2016年にはリクルートが発表した転職コンサルタントランキングで1位を獲得しています。

国内業界大手にはないハイレベルのキャリアアドバイザーと共に転職を目指せることが特徴です。

希望する業界に精通したアドバイザーがあなたを担当してくれるため最新の情報を手にいれることもできます。

国内企業だけでなく、外資系企業への転職を目指すのであれば必ず登録したいエージェントと言えます。

>>ランスタッドへの登録は公式サイトから

マイナビエージェント

就活サイトでお馴染みのマイナビが運営する転職エージェントです。

マイナビエージェントは明確な特徴があります。

20代・第二新卒に特化していることです。

若い世代の転職支援に特化しているため、この年代の人は必ず登録することをオススメします。

転職支援対象を絞ることで、若手を獲得したい企業の求人が集まってきます。

転職を希望するあなたも相手が求める年齢条件を満たしているため、お互いがWIN-WINとなっています。

また、転職の成功に向けたサポートも充実しています。

20代や第二新卒が抱える課題や悩みを知り尽くしているからこそできるアドバイスやサポートがあります。

20代・第二新卒のあなたはマイナビエージェントをおすすめします。

>>マイナビエージェントへの登録は公式サイトから

ワークポートエージェント

現在、急成長している転職エージェントが「ワークポート」です。

ワークポートは以前までIT業界に特化した転職エージェントでした。

しかし。

全業界に対応した転職エージェントへと成長を果たし、現在も急成長を果たしています。

2016年上期の転職決定人数は業界1位を誇っています。

ワークポートの特徴は徹底した転職サポートにあります。

独自開発の転職支援システムがあるため、スマホ1台で転職活動を進めることができます。

またあなたを担当するコンシェルジュが小さな疑問から応対してくれます。

あなたに寄り添う転職エージェントを掲げるワークポートに大注目と言えます。

>>ワークポートへの登録は公式サイトから

JACリクルートメント

JACリクルートメントは外資系企業に強い転職エージェントです。

JACリクルートメントは転職エージェントで数少ない上場企業です。

他の上場企業は転職支援だけでなく派遣や転職サイトなど様々な事業を展開しています。

しかし。

JACリクルートメントは転職者支援の1事業だけで上場を維持している唯一の企業です。

それだけ、業界の中で企業から信頼され、安定した業績を残している企業なんです。

JACリクルートメントの特徴は外資系に強く、転職希望者と求人企業を同じキャリアアドバイザーが担当することです。

同じアドバイザーが顧客企業にあなたを紹介するので、転職決定率が高まります。

外資系企業への転職を目指すならJACリクルートメントがオススメです。

>>JACリクルートメントへの登録は公式サイトから

アイデムスマートエージェント

アイデムスマートエージェントは求人情報雑誌で有名なアイデムの転職エージェントです。

アイデムと聞けば、無料の求人情報雑誌を思い浮かべるかもしれません。

そのアイデムが転職エージェントサービスを展開しています。

これまで25万社以上と無料媒体で繋がってきたネットワークを活かした求人が特徴です。

求人広告事業は40年の歴史があり、業界内で大きなポジションを確立しています。

だからこそ、あなたの希望を丁寧に聞き、親身になって対応してくれます。

伝統あるアイデムで転職支援を受けてみてはいかがでしょうか。

>>アイデムスマートエージェントへの登録は公式サイトから

type転職エージェント

typeは株式会社キャリアデザインセンターが運営する大手転職サイトです。

転職サイトとしては大手の一角を担っており、転職力診断テストは人気転職支援ツールとなっています。

このtypeが運営する転職エージェントが「type転職エージェント」です。

残念ながら他社よりも目立った特徴はありません。

しかし。

typeという大手の転職サイトを通じて構築した顧客ネットワークがあります。

求人情報を収集するという点では大手と同等の力があるとも言えます。

大手だけでなく新興ベンチャーの支援を受けたい場合はおすすめです。

>>type転職エージェントへの登録は公式サイトから

パソナキャリア

パソナキャリアはリクルート・インテリジェンスに並ぶ業界3大大手の一角です。

パソナキャリアは求人数で業界トップクラスを誇っています。

特に日本を代表する上場企業、大企業の求人に強みがあります。

キャリアアドバイザーの陣容も大手らしい手厚さがあります。

政府系の案件にも強く、政策に強い一面もあるのがパソナキャリアの特徴です。

大手×大手を希望するのであればオススメするエージェントです。

>>パソナキャリアへの登録は公式サイトから

ビズリーチ

最後にご紹介するのはビズリーチです。

ビズリーチはテレビCMでもお馴染みですが、転職エージェントではありません。

しかし。

現在、ダイレクトリクルーティングの分野は急成長を見せており、紹介しないわけにはいきません。

ビズリーチは現在の年収が500万円以上の方限定のサービスです。

これまでの経験をベースに、ステップアップを目指す「銀行員のプロ」の方であれば必ず登録してほしいサービスです。

これからも急成長が見込まれ、利用企業が急拡大することが確実です。

最先端の転職手法としてビズリーチを自信を持ってオススメします。

>>ビズリーチへの登録はレジュメ登録を公式サイトから


 

これまで、11の転職エージェントをご紹介してきました。

今回、ご紹介できなかったサービスも世の中にはあります。

転職エージェントを営むためは「有料職業紹介」という国が定める免許を取得する必要があります。

しかし。

この有料職業紹介の免許を取得している企業は何十万社とあるのが実情です。

数多ある転職エージェントの中で、あなたの銀行員からの転職を親身になって支援してくれるエージェントを見つける必要があります。

冒頭でも述べましたが、転職エージェントは複数登録が基本です。

あなたが納得できる転職を実現するためんも転職エージェントをうまく使いこなすことが重要です。

次に転職エージェントと並行して活用したい転職支援ツールをご紹介します。

活用したい転職支援ツール

銀行員からの転職を成功させるためには「等身大の自分を知る」ことが重要です。

いわゆる「自己分析」を正確に行う必要があります。

自己分析はあなたの性格を知るだけではありません。

  • 仕事に対する取り組み姿勢
  • 将来のイメージ
  • 窮地に立たされた時の判断基準
  • 仕事仲間との接し方

あなたの人となりを知っておくことが最大かつ最強の武器になります。

そこで、自己分析で必ず活用したい無料ツールをご紹介します。

無料といってもバカにしてはいけません。

無料とは思えないほど、レベルの高いツールになっています。

あなたの性格を知り、最高の転職を実現するために活用してください。

1:転職力診断テスト@type

まず初めにご紹介する転職支援ツールが「転職力診断テスト」です。

転職サイト大手のtypeが運営する支援ツールで当サイトでも圧倒的な人気を誇っています。

約10分で受けられる簡単なテストとなっており、あなたの転職力を100点満点で採点してくれます。

たった10分で自分自身の強みや弱みを把握することができるます。

予想年収なども算出されますが、あまり気にする必要はありません。

必要な項目は転職に必要な6分野の診断です。

結果はレーダーチャートで表示されるので、特に気をつけるポイントがよく分かります。

無料で診断可能なため、転職活動をスタートさせる前にぜひ受験することをおすすめします。

>>転職力診断テストのテストへ

2:グッドポイント診断@リクナビNEXT

2つ目に紹介するのはリクナビNEXTの診断ツールである「グッドポイント診断」です。

グッドポイント診断は先ほどの転職力診断テストよりも診断項目が多くなっています。

18種類の性格特徴からあなたの強みを5つ抽出します。

あなたの強みを自動的に導き出してくれるので、自分でも気づかなかった良さが見つかる可能性があります。

さらに!

グッドポイント診断の診断結果は転職活動で活用することができます。

リクナビNEXTを通して応募した場合、改めて適性検査を受ける必要がなくなるケースがあります。

あなたの性格が自社の風土に合うことを確認した上で面接に臨めるため良い雰囲気を醸成できるメリットもあります。

診断に30分ほど時間がかかってしまいますが、あなたの強みを知ることができる絶好のチャンスです。

転職活動のスタートとしてぜひ診断することをオススメします。

>>グッドポイント診断の診断はこちらへ

3:市場価値診断:MIIDAS

最後にご紹介する診断サービスが「市場価値診断」です。

これは人材サービス大手のインテリジェンス(現:パーソル)が運営する転職アプリ「MIIDAS」が提供しているサービスです。

5分程度の簡単な質問に答えるだけで、予想オファー年収が表示されます。

MIIDASは転職支援アプリになっており、週1回、あなたへの面接確約オファーが届きます。

忙しい日々の中で転職活動を進めたい場合はおすすめなアプリと言えます。

インテリジェンスが運営していることもあり、安心して利用できることも特徴の1つです。

自分の市場価値をサクッと知りたい場合はオススメなサービスです。

>>MIIDASの公式サイトはこちらへ

>>MIIDASアプリのダウンロードはこちらへ


 

ここでは3つの転職支援ツールをご紹介しました。

転職活動は己を知る場でもあります。

これまで、必死に現場で営業活動を行ってきたあなたの経験が社会でどのように評価されるか知る機会になるからです。

思っていたよりも評価が低かったり、予想以上の高い評価だったりするでしょう。

現在の評価を今後、更に上げることができるのもあなただけです。

あなたの現在の立ち位置を知ることが転職活動の第一歩です。

転職活動をスタートする記念として自己分析ツールの診断を受けることをオススメします。

次は女性銀行員の方向けに、女性の転職に特化したサービスをご紹介します。

女性銀行員の転職について

銀行の現場を支えているのは女性であると言っても過言ではありません。

支店の窓口を毎日支え、日々の勘定を合わせているのは女性職員です。

また、渉外職員が持ち帰った顧客の手続きを素早く、丁寧に仕上げてくれるのも女性職員です。

現在は投資信託や保険など手数料収入の獲得面でも大きな成果を上げています。

銀行はたくさんの女性職員によって支えられているのです。

しかし。

銀行で勤める女性職員は「一般職」という言葉のもと、安い給与で雇用されているケースがあります。

低い給与でありながら、現場で高い責任とプレッシャーを感じながら日々の業務をミスなくこなしています。

責任が重く、転職したいと考えることは後ろめたいことでは全くありません。

むしろ”普通”であり、ステップアップとも言えるでしょう。

元銀行員の女性は仕事が早く、丁寧であることから他の業界で重宝されます。

転職をイメージしているのであれば、今すぐ転職活動を始めることをオススメします。

ここでは女性の転職に特化した支援サービスをご紹介します。

あなたの転職を成功させるためにも女性専用サービスの活用を検討してみてはいかがでしょうか。

女の転職@type

まずご紹介するのは、その名も「女の転職@type」です。

ここは大手転職サイトtypeを運営する株式会社キャリアデザインセンターが運営しています。

女性の正社員転職に限定した専門の転職サイトです。

次の仕事も正社員として働きたいという希望がある場合は必ず登録することをオススメします。

このサイトで人材を募集している企業は女性の採用を希望しています。

掲載されている企業も女性が多く活躍するサービス業からメーカーまで多岐に渡ります。

あなたの希望を叶える求人に出会える可能性が高まります。

転職活動のスタートに登録をオススメします。

>>女の転職@typeへの登録は公式サイトから

WomanWill@マイナビ

女性専用の転職エージェントである「WomanWILL」をご紹介します。

WomanWILLは転職エージェント大手のマイナビが運営している女性専用エージェントです。

女性に特化していることから、女性の転職に関する情報やノウハウが蓄積されています。

WomanWILLの特徴はステップアップの転職を対象としていることです。

営業や経理などこれまでの経験を活かし、更に上を目指したい女性の転職を支援しています。

あなたが銀行員の経験をベースに更に上を目指したいのであれば絶対に活用して欲しい転職エージェントです。

>>WomanWILLへの登録は公式サイトから

リクルートスタッフィング

銀行員に疲れた・・・という方におすすめなのが「派遣社員」です。

女性の派遣社員大手であるリクルートスタッフィングをご紹介します。

リクルートスタッフィングは業界トップクラスの1万件にも及ぶ求人を保有しています。

派遣は悪いイメージが先行しがちですが、派遣から社員への転換が約束される案件も増えています。

派遣として働き、職場があなたに合えば、社員へと転換することができます。

いきなり転職してすぐに辞めてしまうよりも安心・安全に次の職場を見つけることができます。

派遣といっても社会保険は完備されていますし、給与も大きく下がるわけではありません。

銀行員として重い責任を負わされてきて、少しゆっくりしたいという方にオススメします。

>>リクルートスタッフィングへの登録は公式サイトから

テンプスタッフ

リクルートスタッフィングと並ぶ業界最大手「テンプスタッフ」をご紹介します。

リクルートスタッフィングと大きな違いはありません。

転職エージェントと同様に業界大手を掛け持ちすることであなたが本当に輝ける職場に出会える確率が倍増します。

テンプスタッフも将来的な社員転換が約束される紹介予定派遣に力を入れています。

サポート体制も充実しており「また働きたい派遣会社No.1」を獲得しています。

リクルートスタッフィングと並行して登録することをオススメします。

>>テンプスタッフへの登録は公式サイトから


 

銀行員の女性は転職し、多くの会社で活躍しています。

先ほども触れましたが、仕事が早く丁寧だからです。

あなたが考えているよりも、あなたの価値は社会的に評価されています。

給与アップが見込めるだけでなく、今よりも気持ちに余裕を持って仕事に向き合える職場が待っています。

あなたの転職が成功することを祈念しています。

次のページからは

  • 年代別
  • 業種別
  • 役職別

の転職を成功させるポイントについてご紹介していきます。

年代別:転職を成功させるポイント

転職は年齢によって成功させるために注意するポイントが異なります。

なぜなら、あなたを採用する企業側が期待するポイントが変わってくるからです。

20代であればやる気や意欲、ポテンシャルを重視します。

一方で、30代後半や40代であればこれまでの実績や能力を重視します。

銀行員は年齢によって任される業務が大きく変わるわけではありません。

だからこそ、これまでの成長の過程や業績実績をまとめることが大切です。

面接や職務経歴書でアピールする事項を事前に準備するためにも必ず目を通してください。

あなたのこれまでの功績をまとめ、銀行員からの転生を成功させるための武器として活用しましょう。

20代銀行員が転職を成功させるポイント

20代の銀行員と一括りにしても年齢によってポイントが異なります。

1年目〜3年目までの銀行員と4年目以降の銀行員によってポイントが変わってきます。

それぞれ、分けて解説します。

3年目までの銀行員が転職を成功させるポイント

3年目までの銀行員が転職を目指す場合は「第二新卒」として扱われます。

ほぼ新卒と同様の待遇で転職が可能になります。

大手企業の中には新卒で予定していた人数を確保できなかった補充を第二新卒から採用しているケースがあります。

あなたの予想よりも大きな企業への転職が実現するかもしれません。

ここでアピールするポイントはあなたのポテンシャルです。

銀行で身につけた社会通念上の常識の上に、あなたが持つポテンシャルが転職先でどのように発揮できるかをアピールしましょう。

あなたが持つ無限大の可能性を上手にアピールできれば転職を成功に導くことができます。

4年目以降の20代が転職を成功させるポイント

4年目を超えた銀行員は実績と向上心がアピールポイントになります。

これまでの業務で挙げた実績を整理しておくことが重要です。

業績実績も重要ですが、お客さまから喜ばれたエピソードを準備しておくことも大切です。

エピソードはあなたらしさが詰まった宝石箱です。

面接担当者があなたらしさを知る機会になりますので、渾身の一話を準備しておきましょう。

実績に加えて、あなたのこれからのビジョンを語れるようにしましょう。

転職先の企業で実現したいあなたの夢や展望、貢献できるポイントを準備しておくことが大切です。

30代銀行員が転職を成功させるポイント

30代の銀行員が転職を成功させるためにはあなたの実力を他社でどのように活かせるかをアピールすることが重要です。

あなたを採用する企業側はあなたのことを

  • 現場のエース格
  • 将来の管理職候補
  • 現場のリーダー格

として見ています。

もし仮に経験が不足していたとしても、相手が求めているイメージ像を裏付けるようなエピソードが必要になります。

これまでに幾多のお客さまを担当してきたはずです。

その中で周りを巻き込み、主導権を持ちながらお客さまのために動けた経験をまとめることをおすすめします。

主体性とリーダーシップを発揮できた経験は他社が欲しがる人材像に合致します。

あなたの経験を遺憾なくアピールできるエピソードを事前に準備しておきましょう。

40代銀行員が転職を成功させるポイント

40代になると転職が難しいという印象があるかもしれません。

それは幻想だと考えてください。

確かに、以前は転職は35歳までと言われていました。

しかし。

日本の人口が減少し、人手不足となったいま、あなたの能力を求めている企業はたくさんあります。

あなたの活躍する場所はまだまだあるということを覚えておいてください。

一方で、40代以降の転職は「理由」とあなたの「能力」が重要になります。

あなたはなぜ転職をしたいと考えていますか?

40代の銀行員は役職が付き、現場のリーダー格として活躍している人が多くいます。

転職が前向きなものか、後ろ向きなものかを明確にしておくことが大切です。

また、あなたが持つ能力は他の業界でどのように活用することができるかを考えましょう。

誰に何を提供することができるかを考慮すると、あなたが持つ能力を知ることができます。

転職活動をスタートする前に万全の準備をしておくことをおすすめします。

50代銀行員が転職を成功させるポイント

50代の銀行員が転職を目指す場合、2つのケースが考えられます。

  1. 役員クラスまで上り詰め、さらに上を目指すケース
  2. 役職定年等で次の活躍の場を探すケース

それぞれのポイントを解説していきます。

ステップアップの転職

50代になり、更にステップアップを目指すのであれば役員クラスの転職となります。

大企業ではなく、中堅・中小企業やベンチャー企業への転職となることでしょう。

しかし。

これは都落ちのようなものではなく、あなたの能力を更に活かすステップアップです。

大きな組織ではなく、小さな組織であなたの能力を最大限活用することが重要です。

また、あなただけが出来る仕事を明確にしておいてください。

採用する側に対して、明確なスキルを提示すると転職がスムーズになります。

第二の職場を探す転職

役職定年や出向で現在の銀行から転職を目指すケースを解説します。

あなたの能力はまだまだ社会的に価値があります。

ただし、大きな組織に属していた場合、活用できるポイントが小さくなっているケースがあります。

例えば「財務諸表を読み、企業の経営を判断することが得意」などのケースです。

この能力は一般企業であまり必要とされていません。

むしろ、財務諸表を1から作る能力の方が求められています。

社会的に求められる能力を理解し、あなたが持つスキルを応用できるポイントを理解しましょう。

退職した後の銀行員が再就職を成功させるポイント

銀行を退職した後の再就職について解説します。

退職後の再就職は難しいことではありません。

人手不足となっているため、あなたの能力を欲している企業は多くなっています。

しかし。

評論家のような態度は避けることが重要です。

実際に現場で若い従業員と一緒に手を動かせる人材を求めています。

あなたの持つ経験や能力を若い人に引き継ぐイメージで仕事を探すと再就職が早くなります。


 

ここまで年代別で見た、転職を成功させるポイントを解説しました。

途中でも触れましたが、35歳転職限界説は消え去ったと言えます。

後述しますが、日本は人口が減少し、深刻な人手不足となります。

あなたの能力を必要としている企業はたくさんあります。

銀行員として活躍していたというプライドを良い意味で保ち、高圧的な態度にならないよう注意しながら転職を成功させることが大切です。

年齢という見た目に負けないでください。

あなたが活躍できる職場は必ずあります。

次は業種別に見た転職を成功させるポイントをまとめます。

区分別:転職を成功させるポイント

銀行と一括りにしても様々な区分があります。

  • メガバンク
  • 地方銀行
  • 信用金庫
  • 信用組合

代表的な区分は上記の4つです。

この他にもJAバンクやゆうちょ銀行も銀行という区分になります。

この項目では代表的な4つの区分別に転職を成功させるポイントをまとめます。

特に地域で活躍する人材が多い、地方銀行や信用金庫は職員数も多く、転職希望者も多くなります。

事実、わたしも信用金庫からの転職を成功させました。

あなたが該当する部分をご覧いただければ幸いです。

メガバンクから転職を成功させるポイント

メガバンクからの転職を目指す場合、意識するポイントは業績と実績です。

金融業界をリードする大企業で勤めた経験は何にも代えがたいものと言えます。

大きな組織の中で、あなたが何を成し遂げてきたのかをはっきりと明快に伝えることが重要です。

組織が大きすぎるために起きたあなたの価値観と企業倫理の葛藤があれば素直に話すことも良い論点となります。

多くの転職希望者がステップアップの転職を目指すことでしょう。

外資系のコンサルティングファームや上位の金融機関を目指す場合は論理的思考力が求められます。

面接時に突発的にぶつけられる答えのない質問にも回答できるよう準備しておくことが大切です。

もし仮に、後ろ向きな理由から転職を目指している場合も心配しないでください。

メガバンクという特殊な組織があなたと合わなかっただけと言えます。

あなたの活躍できる企業は必ずありますので、自信を持って転職活動に望んでください。

地方銀行から転職を成功させるポイント

地方銀行からの転職を成功させるポイントは狙い転職先の選定基準と言えます。

地方銀行と一口に言っても、各都道府県でシェア1位の第一地銀から経営基盤が小さい第二地銀まで様々です。

あなたが勤める地方銀行の規模や地域シェアを正しく理解することが大切です。

現在の立ち位置を理解した上で、次の転職先として定めるターゲットを絞りましょう。

業界を絞ることができなかったとしても、勤務地を先に決めておくことが重要です。

地方から都心部へ出るのか、都心部から地元へ戻るのかは転職を成功させる重要なポイントと言えます。

面接時はあなたが勤務した地方銀行の立ち位置に応じたエピソードを準備しましょう。

地方銀行から地元の中小企業へ転職を目指す際はくれぐれも上から目線にならないように注意してください。

信用金庫から転職を成功させるポイント

信用金庫からの転職を成功させるポイントは地域のために活動した実績をまとめることです。

私も信用金庫で勤めていましたが、予想以上に地域行事に参加するケースがあります。

営業エリアが決められていることもあり、地域住民になったつもりで日々の営業を行ってきました。

結果的に、日々の日常から小さな変化に気づく能力が身につきました。

これは他の業界でも活用できる特別な能力です。

あなたも同じエリアを毎日のように回っていると、小さな変化に気づくことがあるかもしれません。

お客さまの小さな変化に気づき、適切な営業活動を行える能力が社会的に価値が高いと言えます。

もし仮に、小さな規模の信用金庫に勤めていたとしても気後れする必要はありません。

自信を持って、自らの能力をアピールすることで転職を成功させましょう。

信用組合から転職を成功させるポイント

信用組合の特徴は地域の零細業者と取引をしていることです。

信用組合の取引先には地域の個人商店や零細企業があります。

これらの取引先は日本経済の最前線と言っても過言ではありません。

日々の景気変動を敏感に感じ取る現場で働いた経験をアピールしましょう。

信用組合と言っても立派な金融機関であり、お客さまの様々な悩みに親身に付き合ってきたことに変わりはありません。

自信を持って、実績と業績をアピールすることも大切です。

面接に向けて、あなたらしさが伝わるエピソードを準備しておくことをおすすめします。


 

ここでは銀行の区分別に分けた、転職を成功させるポイントをまとめました。

この4つの区分以外にもJAやゆうちょなど金融機関は他にもあります。

しかし。

銀行という業種の中で働いてきたあなたの経験は他の金融機関には負けないはずです。

お客さまの悩みに親身になって対応したエピソードはあなたしか持っていません。

どの区分で勤めていたとしても、あなたの良さが伝わる経験を面接で自信を持ってアピールすることだけは忘れないでください。

次に役職別の転職成功ポイントをまとめます。

役職別:転職を成功させるポイント

ここでは銀行員の役職別に見た転職を成功させるポイントをまとめます。

銀行員は他の業界と異なった役職階層になっています。

基本的には下記の5分類になっているはずです。

  • 一般社員
  • 係長
  • 支店長/部長代理
  • 次長
  • 支店長/部長

この他、銀行によっては本部に課長職や担当部長職がある場合があります。

基本的には5つの職種に分類されますので、それぞれに期待される役割とアピールポイントをまとめます。

銀行は昇進が遅く、他の業界から見たときに「昇進できていない人材」に見えてしまうことがあります。

銀行の人材制度を理解し、転職時に自らの言葉で説明できることも大切です。

事前に準備してけばスムーズに面接の際に説明できます。

企業側からの想定外の質問にも対応できるよう準備しておいてください。

一般社員の転職を成功させるポイント

多くの銀行員が一般社員のまま転職を行います。

銀行によって異なりますが、入行してから6年程度は昇進することができません。

トップクラスの業績を残していても、横並びの環境は変わらないのです。

他の業界であれば、小さな昇進を果たしている年齢に到達しても一般社員という肩書きのままです。

会社や支店の業績に貢献しているにも関わらず報われることが少ないため、転職を目指す人が多くいます。

一般社員からの転職は業績や実績をアピールポイントにしましょう。

銀行は商品が似ているため、あなたという人が商品になります。

あなたのきめ細かな気遣いや対応、お客さま第一の目線などが商品として選ばれてきたのです。

あなたがこれまでに挙げた実績や業績があなたの能力を示すポイントになります。

これまでの経験で最もお客さまから喜ばれたエピソードを準備しておくことをおすすめします。

係長クラスの転職を成功させるポイント

順調な銀行員は30歳前後で係長へと昇進を果たすことでしょう。

係長クラスになると日々の業務に加えて、部下の仕事をチェックする検印業務が追加されます。

部下のミスを見抜けなかった場合、あなたにも責任があるため日々の業務負荷が倍増します。

しかし。

係長になったからと言って、業績目標が削減されることはありません。

むしろ、大口先を担当することになり目標が倍増することも珍しくありません。

現場×マネジメントが1番辛い立場なのが係長クラスです。

転職を目指す際は、小さな単位でのマネジメント経験だけでなく管理と現場を併せてこなしたポイントをアピールしましょう。

あなたを採用する企業はマネジメント経験がある人を求めています。

自信の目標と組織の目標を達成するためにあなたが工夫したエピソードを準備しておきましょう。

代理クラスの転職を成功させるポイント

代理クラスは「支店長代理」や「部長代理」を想定しています。

各部署における現場の最も高いクラスの役職です。

代理クラスになると、40〜50歳前後の年齢に達しています。

昇進が早いケースでも30歳代であることから、転職する際は即戦力またはマネージャークラスでの転職となります。

代理クラスになるまで在籍していた場合、良い経験も悪い経験もしてきていることでしょう。

面接時には苦い経験を聞かれるケースもあります。

ただ失敗した経験ではなく、失敗から巻き返したエピソードも準備しておくことが重要と言えます。

次長クラスの転職を成功させるポイント

次長は支店は部署のNo.2です。

多くの意思決定を日々こなしています。

クレーム対応を含め、業績や職員の管理など責任の重さは支店長と変わらないレベルと言えます。

年齢も幅があり、早く昇進したケースであれば40歳代での転職となります。

40歳代であれば、次の転職先でも管理職や将来の幹部候補として転職することになります。

ステップアップとして、より大きな会社や高い年収を求めての転職になることでしょう。

論理的思考力だけでなく、組織をまとめるマネジメント能力も多分に求められます。

あなたがこれまでに経験してきた全てを面接にぶつけるために十分な準備期間が必要です。

日々の業務で忙殺されている中でも転職に向けて準備を行うタイムマネジメントも腕の見せ所でしょう。

支店長・部長クラスの転職を成功させるポイント

支店長・部長クラスで転職をされる方の多くが他社の顧問やコンサルタントです。

純粋な転職ではなく、より広い分野で自らの能力を試したいといった要望を持っている印象があります。

私自身もこのクラスの方の転職をご支援することはあまりありません。

しかし。

1つだけ言えることがあります。

銀行では輝かしい業績や実績を誇っていたとしても、あなたが活躍する次の会社ではあまり関係がありません。

あなたが持つ能力を中小企業や転職先の企業でいかに活用するかが重要です。

残念ながら、高圧的な態度を取ってしまい、転職先をすぐに退職するケースもあります。

自分はそんなことをしないと思っていても態度に出てしまうことがあります。

十分注意した上で、あなたの希望を的確に伝えることが大切になります。


 

ここでは役職別に見た転職を成功させるポイントをまとめました。

先ほども述べましたが、銀行は他の業界に比べて昇進が遅い傾向にあります。

そのため、多くの銀行員が一般社員として転職をしていきます。

30歳前後で一般社員であったとしても後ろめたさを感じる必要はありません。

あなたがこれまでに積み上げてきた経験や実績を的確にアピールすることで転職は必ず成功します。

次は現在の転職市場の環境と今後、日本の転職市場がどう推移するかについてご紹介します。

これからの転職における市場環境とマクロ情勢

日本は自然に人口が減少していく時代に突入しました。

外国人留学生や研修生を受け入れているため、全体の人口減少人数は抑えられています。

しかし。

日本人に限定すれば、鳥取県の人口に相当する人数が1年で減少しています。

具体的な数字で示されると怖くなる人数です。

日本の人口動態は劇的な少子化対策が導入されない限り、今後も減少していきます。

事業を運営する企業側は優秀な人材を取り合っています。

ここではマクロ面から見た日本の転職市場について解説します。

転職市場の『いま』と『これから』についてまとめます。

マクロ面から見た日本の転職市場

日本は自然に人口が減少していく状態へと転落しました。

政府が発表する人口の減少人数は外国人移住者と相殺した数字が発表されています。

現実には毎年、約50〜70万人程度の日本人が純粋に減少している状態です。

国立社会保障・人口問題研究所が発表しているデータで「将来推計人口・世帯数」があります。

このデータによると2065年には日本の人口が8,808万人になると予想されています。

現在の人口が1億2,700万人であるとことを考えると、約4,000万人の人口が減少することになります。

今後、改善の傾向がなければ日本は慢性的な人手不足が続くことになります。

人口というマクロの要素から見ても日本の転職市場は活況が続くと予想できます。

能力を磨き、他社が欲しがる能力を身につけることでよりやりがいがあり高い報酬が得られる職場を目指すことが重要です。

これからの転職環境とキャリア

先ほども述べた通り、日本の転職環境は活況が続くと予想されます。

2016年の転職者数は目安とされる300万人を上回りました。

人口減少による人手不足が原因とされ、特に45歳以上の転職が増加しています。

これまでは35歳で転職先がなくなると言われてきました。

しかし。

今後は社会が求めるキャリアや能力が備わって入れば年齢に関わらず転職が可能になります。

重要なことは自分の武器を理解し、伸ばすことです。

様々な職種や業務を経験することも大切です。

一方で35歳を目安に専門とする分野を定めることが重要と言われています。

いくつか例をあげます。

  • 営業
  • マーケティング
  • 財務・経理
  • 人事

これらのような領域で自らの専門領域を決めた上でマネジメント経験や異なる業界の経験を積むことが大切になります。

食品業界のマーケティング×ネットショップのマーケティングなど1つの領域で異なる業界の経験があると社会的な価値が高まります。

今後は極めたい分野を決め、様々な経験を積むことを目標に転職活動を行いましょう。


 

ここでは今後の日本における転職市場の環境をご紹介しました。

日本は人口減少社会となりました。

人手不足は加速すると考えられます。

その中でも、社会に求められる経験や能力を身につけておくことが大切です。

キャリア形成を今からイメージして転職活動を進めることをおすすめします。

次は転職先別の業界特化型転職エージェントをご紹介します。

希望転職先別の特殊型エージェントまとめ

銀行員から転職したい業界や企業が決まっている場合は転職先の業界に強いエージェントを使うことが重要です。

リクルートやDODAなどの大手は広く全ての企業を対象にしています。

一方で、特定の業界に特化した転職エージェントがあります。

今回は次の4つの業界に特化した転職エージェントを紹介します。

  1. ITエンジニア
  2. ファッション・アパレル
  3. 飲食
  4. 外資

業界に特化した転職エージェントは業界の最新情報や転職時のコツを熟知しています。

対象業界に長く携わっているからこそわかるトレンドや求められている能力を知っています。

だからこそ、あなたは的確なアドバイスを受けることができます。

転職先に応じて適切なパートナー選びが重要です。

あなたが希望する転職先に合った、転職エージェントを選びましょう。

ITエンジニアへの転職に強いエージェント

ITが今後も世界を変えることは間違いありません。

ITの世界でエンジニアとして経験を積みたい、成長したいという希望は素晴らしい決断です。

そんなあなたにオススメなエージェントが「ワークポートテック」です。

冒頭で紹介したワークポートの中でもITエンジニアに特化したエージェントです。

創業時からITの業界に特化していたこともあり、業界内では大きな存在感があります。

大手IT企業の求人を多く抱えています。

サイバーエージェントやサイボーズなど業界をリードする大手企業ばかりです。

業界は慢性的に人手不足となっています。

未経験であっても、ポテンシャルがあれば採用されるチャンスがあります。

目の前のチャンスを確実に得るためにもエンジニア業界に強いエージェントとパートナーを組みましょう。

ITエンジニアを目指すならワークポートテックをオススメします。

>>ワークポートテックへの登録は公式サイトから

ファッション・アパレル業界への転職に強いエージェント

女性を中心に人気が高いファッション・アパレル業界も特化型エージェントがあります。

人の入れ替わりが多く、優秀な人材を常に求めています。

希望するブランドで働くチャンスを得るためには業界に強いエージェントをパートナーとして持つ必要があります。

そこでオススメするエージェントが「クリーデンス」です。

クリーデンスはDODAを運営する旧インテリジェンス(現パーソルキャリア)が運営しています。

アパレル業界に特化した求人を取り扱っているため、常に有名ブランドの求人を抱えています。

ただ単に求人を紹介するだけではありません。

一般的な転職エージェントと同様にアパレル業界出身のキャリアアドバイザーがあなたの転職をサポートします。

業界出身者だからこそ分かる最新情報や面接のコツを知れることは大きな強みです。

ファッション・アパレル業界を目指すならぜひ利用することをオススメします。

>>クリーデンスへの登録は公式サイトから

飲食業界への転職に強いエージェント

Coming Soon

外資系への転職に強いエージェント

外資系は門戸の狭い業界と考えていませんか。

外資系と一括りにしても様々な企業が日本で活動しています。

しかし。

外資系は外資系のネットワークを持っており、業界に強いエージェントのサポートが欠かせません。

外資系に強いエージェントとして2つの転職エージェントをオススメします。

  1. JACリクルートメント
  2. ランスタッド

どちらのエージェントも世界を舞台に活躍している転職エージェントです。

国内外で活動する企業とリレーションを構築しています。

あなたが希望する企業の求人を持っている可能性が高まります。

外資系特有の面接や転職環境のサポートも期待できます。

外資系企業への転職は外資系エージェントのサポートを受けることをおすすめします。

>>JACリクルートメントへの登録はこちら

>>ランスタッドへの登録はこちら


 

ここでは業界特化型の転職エージェントをご紹介しました。

転職先のイメージを明確に持っていることは強みです。

転職した後の活躍イメージや求められる能力を理解しておくと転職にも有利に働きます。

銀行員からの転職は未経験での転職となります。

だからこそ、最新の業界情報や知識を知っておくとあなたの評価が高くなります。

重要な人生の転機だからこそ信頼できるパートナーを選びましょう。

最後に:銀行員からの転職を目指すあなたへ

ここまで長々と様々な情報を書き連ねてきました。

銀行員からの転職はたとえ後ろ向きな理由であっても構いません。

初めは後ろ向きな理由で転職活動をスタートさせたとしても、次の会社へ入社する頃には希望を持っていてほしいと考えています。

日本には約400万社の企業があります。

あなたが活躍できる企業は必ずあります。

そんな企業と出会うためにも転職活動は1人で行わないでください。

世の中にはあなたの転職をサポートしてくれるシステムやツールがあります。

あなたの転職活動を共に悩み、共感し、親身に丁寧に対応してくれる人がいます。

あなたは1人ではありません。

人生の転換点を支えてくれるパートナーとも言える人との出会いが目の前に待っています。

転職活動は転職のプロであるエージェントと共に歩みましょう。

あなたの転職活動が成功し、希望に満ち溢れた次の職場と出会えることを心から祈念しております。

最後に、転職業界に身を置く私が厳選したエージェントを推薦し、筆を置きたいと思います。

管理人が選ぶ厳選エージェント3つ

これで私からあなたに伝えることは最後になります。

最後にわたしが厳選した転職エージェントを3つだけ紹介します。

迷ったらこの3つのエージェントと共に転職を成功させてください。

あなたの銀行員からの転職が成功することを心から祈念しております。

  1. リクルートエージェント
  2. ワークポート
  3. ランスタッド