銀行員からの転職を成功に導く!転職活動の3ステップ

当サイト「銀行員転職の流儀〜20代・30代のキャリアアップ〜」は次のような銀行員の方を対象とした情報をお届けしています。

  • 転職でキャリアアップしたい
  • 年収を上げる転職をしたい
  • 異なる業界にチャレンジしたい
  • 転職活動を始めたいけど何からしていいかわからない
  • 転職活動中だけど途方に暮れている

管理人である私も銀行員からWEB広告専門の上場広告代理店へを果たしました。

当サイトは実際に、銀行員からの転職活動を経験したからこそ、お伝えできる転職のポイントをまとめています。

まず、転職活動の進め方を3つのステップに分けてご紹介していきます。

  1. 転職への準備
  2. 転職市場への進出
  3. 活動中の注意点

転職は事前の準備と知識がある方とない方で大きな差が生じてしまいます。

人生の大きな転機となる転職で失敗しないよう、当サイトで学び、成功へと導きましょう!

ステップ1:転職活動への準備

転職活動は「思い立ったら即行動!」と思われがちですが、準備がとても大切です。

事前の準備次第で、転職活動の成否が大きく分かれてしまいます。

具体的には次のような準備を行います。

  • 自己分析
  • キャリアプランの想定
  • 活動スタートのタイミング
  • 履歴書の準備
  • 職務経歴書の準備

こんなにすることがあるの!?と思われるかもしれません。

安心してください。

ここで頑張って準備を進めておくと、スピード感があり、かつ効率的な転職活動を進めることができます!

転職を決意したら、まず「現状分析」と「準備」が大切です!

ステップ2:転職市場へのアプローチ

転職への準備が整えば、満を辞して転職市場へのアプローチを開始します。

転職は大卒時の就職活動と大きく異なります。

学生時代と同じ感覚で活動を行うと痛い目にあってしまいますので、注意が必要です!

転職活動は大きく分けて3つの方法で仕事を探すことになります。

  • ハローワーク
  • 転職サイト
  • 転職エージェント

ここで重要なポイントがあります。

転職活動はパートナーが欠かせません。

パートナーとは、あなたの転職をサポートしてくれる「転職のプロ」です

このパートナーは、先ほどもあった「転職エージェント」と呼ばれています。

あなたに合ったプロと出会うための方法や転職サイト・エージェントの選び方についてご紹介しています。

ステップ3:転職活動中の注意点

転職活動中は様々なポイントに注意する必要があります。

これは先ほども述べた通り、学生時代の「就職活動」と異なるからです。

転職活動は次のようなポイントで就職活動と異なります。

  • 内定から承諾までの期間
  • 希望年収の伝え方
  • 転職活動の期間
  • 現職のタイミング

現職を続けながら転職活動を進める場合は、とくに上記のような課題が一気に押し寄せてきます。

ステップ1でも触れた通り、事前の準備が欠かせません。

周到な準備を進めていても、転職活動は大きなパワーが必要になります。

活動中も注意点を事前に理解しておくことで、対策を錬ることができます。

いきなりの出来事に驚いて、大切な内定を逃さないように下記の記事を見て、理解しておきましょう!

付録:転職サイト・エージェントの選び方

最後に、当サイト限定の特典として私が実際に利用したことで分かった「転職サイト」と「転職エージェント」の使い方と選び方をご紹介します。

私は転職サイトもエージェントも併用しながら転職活動を行いました。

結果的に、5社中4社から内定を獲得することができました。

私の場合は転職活動を始めてから内定が出揃うまで「約一ヶ月半」かかりました。

この経験を踏まえ、次のようなことをまとめています。

  • 転職サイトごとのメリット・デメリット
  • 転職エージェントごとの特徴とメリット・デメリット
  • 両方を同時活用するコツと仕組み

私は転職サイトとエージェントを併用しながら活動することをおすすめします。

この手法を前提にあなたにおすすめする転職サイトとエージェントをご紹介して行きます。

管理人厳選!転職エージェント

リクルートエージェント
リクルートエージェント

まず、絶対外せない転職エージェントが「リクルートエージェント」です。

転職エージェントの中で日本最大手を誇り、多くの転職者が利用しています。

掲載されている求人も未公開のものが多く、驚くような案件もあります。

リクルートエージェントに所属するエージェントは向上心もあり、勉強熱心のため、業界研究などのサポートも期待できます。

DODAエージェントサービス

次におすすめするのが「DODAエージェントサービス」です。

DODAエージェントサービスは旧インテリジェンスである、株式会社パーソルキャリアが運営しています。

パーソルキャリアはリクルートキャリアと並ぶ国内最大手の1つとなっています。

リクルートエージェントと共に未公開かつ”独占”求人を競って獲得しているため、この2つへ登録すれば、国内ほとんどの求人へアプローチできます。

マイナビエージェント
#NAME?

20代に特におすすめのエージェントが「マイナビエージェント」です。

理由は業界に特化した専門的なキャリアアドバイザーを揃えているからです。

銀行員からの転職を目指す20代やアラサー人材にとって、魅力的な求人を数多く保有しているため、あなたの「やりがい」を刺激する案件と出会えることが期待できます!

ランスタッド

最後に、番外編としてご紹介するエージェントが「ランスタッド」です。

ランスタッドは外資系の転職エージェントで、他の国内系エージェントと異なり、一人完結型の営業スタイルを採用しています。

つまり、あなたの人となりを知った上で企業を紹介していただけます。

国内系のエージェントで満足できなかった方、外資系への転職を目指したい方におすすめの転職エージェントです。

厳選!フル活用できる転職サイト

リクナビNEXT
グッドポイント

まず、絶対外せない転職サイトが「リクナビNEXT」です。

日本国内の転職サイトで最大手かつ転職者の8割が登録しているサイトとなっています。

実際に私も登録して、内定を得ることができました。

自己分析診断ツールだけでなく、転職に役立つ情報が満載となっていますので、まだ登録していない場合はいますぐ登録することをおすすめします。

マイナビ(マイナビエージェント)
#NAME?

次に、いま伸びている転職サイトが「マイナビ」です。

とくに、20代の転職者におすすめしている転職サイト・エージェントとなっています。

理由は業界に特化した専門的なキャリアアドバイザーを揃えているからです。

第二新卒や20代の転職では、必ず登録しておきたい転職サイトとなります。

DODA

最後におすすめするのが「DODA」です。

DODAは旧インテリジェンスである株式会社パーソルキャリアが運営しています。

パーソルキャリアはリクルートキャリアと並ぶ国内最大手の1つとなっています。

リクナビNEXTと併用するなら登録を強くおすすめします。

まとめ

最後に、転職でキャリアアップや年収アップ、キャリアチェンジを目指すあなたへお伝えしたいことがあります。

私も転職活動が億劫になり諦めそうになったことがあります。

しかし。

諦めず活動を進めるからこそ運命の出会いとも言える、企業との出会いがあります。

あなたが心から働きたいと思える企業に入社できるまで活動を継続しましょう。

あなたの転職活動が納得できるものになるよう、全力で情報発信を行っていきます!