転職活動における面接の準備と攻略法|想定質問の回答事例あり

転職に向けた準備

転職活動のおいて最も重要なポイントである「面接の攻略」についてご紹介していきます。

面接は得意・不得意が大きく出てしまうものです。

そのため、面接が苦手な人は必要以上に準備することが欠かせません。

ちなみに、私は面接がどちらかというと得意な方でした。

しかし、転職面接は就活の面接と大きく異なるため、準備や自己分析が不足していると瞬殺で落とされてしまいます。

だからこそ、次のようなポイントをまとめていきます。

  • 面接準備のやり方
  • 自身のキャリアを淀みなく解説できるか
  • 好きな人に好きなところを伝えるように
  • 将来の夢を語ろう
  • 趣味は強みになる

面接って何から準備していいか分からないという人に向けた、渾身の内容となっていますので、ぜひご一読ください。

転職面接に向けた準備のやり方

転職面接に向けた準備のやり方をまとめます。

中途採用で行われる面接は新卒採用と異なります。

このポイントが大前提です。

これを踏まえて、次の5つに焦点をあてます。

  • 転職面接の特徴
  • 準備が絶対必要
  • 実力のPRが欠かせない
  • 自己分析を徹底的にやる
  • 想定質問からイメージをつくる

それぞれ1つずつご紹介します。

転職面接の特徴

まず、1つ目のポイントが転職面接の特徴を知ることです。

先ほども少し触れましたが、転職活動で行われる面接は、あなたがこれまで経験してきた面接とちがいます。

多くの人がイメージする面接は「就職活動」でしょう。

しかし。

転職活動の面接はこの「就活面接」とは性質が180度、ちがいということを覚えておいてください。

なにが違うのか、次にご紹介します。

準備が欠かせない理由

転職活動で行われる面接は、これまでの就活と異なるため、準備が欠かせません。

なにがちがうのか、それは「あなたの実力を見るための面接」だからです。

新卒採用はポテンシャルを見ています。

しかし。

中途採用は企業側が求めるスキルや経験をあなたが持っているかどうか確かめる面接です。

だからこそ、相手の要望をイメージし、必要なアピールポイントを準備しておくことが大切なのです。

誰に対しても画一的な質問をおこなう就活の面接をイメージしていると痛い目にあってしまいます。

ご注意ください。

ポテンシャルでなく実力で内定をつかむ

転職活動の面接は「あなたの実力」が見られています。

先ほども触れた通り、就活で行われる面接は今後のポテンシャルをチェックしています。

しかし。

転職面接は、企業側が求めるスキルや経験をあなたが持っていなければなりません。

あなたがこれまでの銀行員生活で身につけたスキルや経験を存分にアピールできるようにしておきましょう。

そのためには自己分析が大切になります。

次は自己分析についてご紹介します。

自己分析が最優先

面接の準備で欠かせないのが「自己分析」です。

自己分析とはあなたの価値観を棚卸しすることで、あなたが持っている価値観や判断基準を知ることです。

また、転職先で身につけたいスキル、成長したい姿を思い描いていることも大切です。

これらの作業は全て自己分析の過程で行います。

自己分析のやり方については次の記事もぜひご覧ください!

転職における自己分析のやり方|使えるツール(診断)とおすすめ本
自己分析のやり方を理解し、自分を知ることが転職活動を成功させる要因の1つです。こちらでは転職活動における自己分析のやり方と無料で使える診断ツール、おすすめしたい本をご紹介して行きます。

想定される質問から準備を進めよう

最後は転職面接で想定される質問から準備を進めましょう。

転職活動の面接は業界によって想定される質問がかわってきます。

これらの想定質問は、転職サイトなどで掲載されています。

質問に対する回答の準備は、注意点があります。

それは「自分の言葉で話すこと」です。

面接で失敗してしまうケースとして、覚えてきた回答を上の空で話してしまうことがあります。

こうならないように、準備では「箇条書きでポイントをまとめる」だけにしておいて、面接ではそれらのポイントが網羅的に話せるように意識しましょう。


ここまで、転職面接に向けた準備の全体的な概要を見てきました。

次からは面接で必ず聞かれる質問をどのように回答するか、をご紹介します。

ここで取り上げる質問は3つです。

  1. 就活から現在までのキャリアについて
  2. 志望理由
  3. 将来的なビジョン

実際に、私も面接で必ず聞かれた内容ばかりです。

それぞれ1つずつ、内容と回答のポイントをご紹介していきます。

自身のキャリアをロジカルに説明しよう

まず、面接冒頭で聞かれるのが「キャリア」についてです。

20代であれば、就活から現在までのキャリアをどのように考えて歩んできたかを中心に説明することになります。

30代であれば、これまでのキャリアをどのように考えて過ごしてきたか、次のキャリアを歩むに当たってどのような決断をしたか、に注目されます。

それぞれ、ポイントが少し異なりますが、重要な点は「あなたのキャリアが論理的であるか」です。

これを踏まえて、4つのポイントでこの回答づくりを解説します。

あなたの人生を解説しよう

まず、これまでの仕事観(キャリア)を考えた時、もう少し振り返り、学生時代からまとめることをおすすめします。

例えば、大学生の時にどのような経験をしたことで、就職活動で銀行員を目指すことになったのかが分かれば、次のストーリーにつなぎやすくなります。

キャリアを振り返る時は、仕事だけでなく学生時代まで含めると「つじつまが合うロジカルなストーリー」ができあがります。

就活から現在までのストーリーづくり

先ほどから「就活からこれまでのキャリアについて説明してください」という質問への回答についてまとめています。

就活のときは「何を重要視していた」か、次に実際に働いてみて「どのように感じたか」がポイントとなります。

そして、価値観の変化によって「なぜ転職するのか」を説明できなければなりません!

これらの話題がストーリーとしてつながっていることが大切です。

つじつまを合わせる作家になる

ストーリーの重要性について、先ほどご紹介しました。

そんなこと言われても、、、「就活の時は特になにも考えていなかった。。。」という人も多いのではないでしょうか。

銀行員になったのも、「給料が良い」や「安定しているから」が本当の理由という人もいるでしょう。

ただ、就活の時に話していた志望理由は他にあったはずです。

これらのストーリーと現在の転職理由を踏まえて、つじつまが合うように説明する能力も必要です。

常にロジカルで論理的な説明理由があるわけではありません。

少し、離れていても相手が納得できる理由をまとめることも準備の大切なポイントです。

志望理由は相手への想いを的確に伝える

次に、志望理由について考えていきます。

志望理由は企業ごとに考える必要があり、準備が大変な質問です。

ただ、ポイントを知れば比較的簡単に回答を考えることができます。

好きな人へ好きなところを伝えるように

あなたは好きな人に告白する時「どこが好きだ」ということを考えるでしょう。

転職する際も、企業のことを調べ「良いな!」と思ったところを伝えることが大切です。

企業側からすれば、自分たちの良いところに好感を持ち「好きだ」と言ってくれる人材に好感を持てます。

志望理由は「論理的」ではなく「情緒的」な部分を打ち出していきましょう。

他の会社じゃダメな理由を的確に

志望理由でよく聞かれる追加質問に「なぜうちの会社じゃないとだめなの?」があります。

この業界へ転生したい理由は説明できても、その中でも御社で働きたいという説明が難しい場合があります。

  • まだよくわからない
  • 実は第一志望じゃない

これらの理由で、明確な志望理由が話せないかもしれません。

その場合は「まだ一次面接なので、明確な理由はありませんがこの部分に共感しています。」といった形で回答することもできます。

この質問への回答は最終面接までに作り上げ、自信を持って回答できれば問題ありません。

具体的な回答事例としては、次のような軸で考えましょう。

  • 業務内容
  • 社風・風土

業界全体の知識が欠かせない

応募企業の志望理由を考える上で、欠かせない準備が「業界研究」です。

転職したい業界の全体像を理解することで、応募企業のポジションや規模を知ることができます。

  • 業界首位で保守的
  • 2番手で攻めの姿勢
  • 新興企業でイケイケ

こういったポジションや社風を踏まえて、志望理由を考えると先ほどの「この会社が1番な理由」をイメージしやすくなります。

業界研究のやり方について次の記事も併せて参考にご覧ください。

転職活動における業界分析・企業研究のやり方とポイント|具体例あり
転職活動がスタートすると欠かせない作業が「業界分析・企業研究」です。 仕事を続けながら、業界分析や企業研究を行う時間がない!という悩みも理解できます。 もし、あなたが同じ業界内で転職を希望しているのであれば、この作業は最低限で良...

論理的かつ情熱的に伝えよう

志望理由を伝える上で、最後のポイントは「論理的かつ情熱的に伝える」ことです。

志望理由が最も求められる場面は最終面接です。

最終面接で役員や社長に対して、ここで働きたい!という熱い想いをぶつけられれば問題ありません。

そこでポイントとなるのが「論理的かつ情熱的」であることです。

この2つは相反するもののように見えますが、志望理由は論理的に組み上げ、想いを情熱的に伝えることがポイントです。

好きな人に好きだ!と叫ぶように志望理由を組み上げましょう。

将来の目標・夢を語ろう

3つ目の質問が「将来の目標やプランはありますか」です。

これは応募企業に入社した後の成長プランを答えることになります。

ここでは4つのポイントで回答を考えていきます。

目標がある人は成長意欲が強い

そもそも、なぜ入社後の目標を聞かれるのでしょうか。

それは「目標がある人は成長意欲が強く、期待できるから」でしょう。

毎日をダラダラと過ごす人と、明確な目標を持って過ごす人では1年後の成長スピードが大きく異なることは想像しやすいですよね。

だからこそ、成長意欲がアピールポイントになるのです。

明確な目標を持って入社したい意欲を示すことは大きなアピールになります。

独立・起業はマイナスイメージじゃない

入社後の目標は今後のプランを聞かれると「独立・起業したい」と考える方もいるでしょう。

よくある勘違いで「独立・起業」はマイナスイメージではありません。

ただし。

応募企業の社風や組織風土を十分に知ることが必要でしょう。

日本を代表するような大企業で「起業したい!」ということを伝えるとマイナスになる可能性があります。

一方で、独立や起業が多いIT・人材などの業界であればプラスイメージになります。

応募企業のことを十分に知ってから、回答することが大切です。

目標までの道筋が重要

面接で将来的な目標を伝えると「その目標を達成するための道筋は?」と聞かれることがあります。

目標へたどり着くためのステップを考えておきましょう。

この道筋は必ずしも明確である必要はありません。

  • 入社後半年以内に馴染む
  • 1年で一人前に
  • 3年でリーダーやエースになる

これくらいのイメージで問題ないでしょう。

ただ、目標は立っているのに何もイメージしていないという事態は避けなければなりません。

まとめ

こちらの記事では「転職面接の準備と攻略法」をご紹介してきました。

面接はあなたと面接官のコミュニケーションです。

面接の内容次第では、あなたが「この会社で働きたくない」と感じることもあります。

相手から評価されるという考えも重要ですが、あなたもこの会社を評価するという目線を持って面接に行くと気が楽になります。

あなたの面接が少しでも良い結果になるよう参考になれば幸いです。

コメント