転職に向けた履歴書の書き方|手書き?データ?おすすめをご紹介!

転職活動で欠かせない書類の1つである「履歴書」の書き方をご紹介していきます。

履歴書は、手書きが絶対!という雰囲気だったのですが、ワード製作が一般的になりつつあります。

これは嬉しい変化ですね。

手書きで書くなんて読む方に対して失礼だと、個人的には思います。

さて。

履歴書の書き方はについては多くのポイントはありませんが、次のようなポイントをまとめています。

  • 履歴書を書く時のルール
  • 履歴書項目の書き方
  • 志望動機の書き方
  • 本人希望欄の書き方

多くの人が気になるポイントが「志望動機の書き方」ではないでしょうか。

この点についてもポイントを押さえてご紹介していきますので、ぜひご一読ください。

履歴書を書く時のルール

履歴書は最低限のルールさえ守れば、書くときに緊張する必要はありません。

一昔前までは「手書きが絶対!」と言われていましたが、現在はそこまで気にする必要はありません。

旧態依然とした大企業人事部でも、手書きである必要はないでしょう。

ここでは履歴書を書く際に守りたい最低限のルールを見ていきます。

最低限のルール

履歴書を書く上で、最低限のルールをご紹介します。

  • 修正は厳禁
  • 不要欄の削減

1つ目のルールは手書きで作成する際の注意点です。

2つ目のルールはパソコンを活用した履歴書作成時の注意点となります。

それぞれ詳しくご紹介します。

修正等は厳禁

 

不要な欄は削除しよう

手書き絶対!はもう古い

PCで大量生産しよう

写真はプロの頼む

履歴書の書き方

学歴の書き方

職歴の書き方

資格欄の埋め方

志望動機の書き方

企業研究で見つけた強みを褒める

共感できたポイントを書く

裏技:職務経歴書にまとめる

本人希望欄の書き方

入社日時期に関する希望を書く

希望する最低報酬ラインを記す

 

まとめ

 

コメント