転職活動に必要な期間は?活動のスタートから入社までの平均期間とは

転職に向けた準備

転職活動にかかる平均的な期間をご紹介していきます。

転職活動は始める前と始めた後では、大きくイメージが変わるものと言えます。

実際に私も転職活動を経験してみて、かなり時間と労力が取られるなと実感しました。

実体験を踏まえて、こちらの記事では次のようなポイントをまとめています。

  • 転職活動のおおまかな流れ
  • 準備にかける時間
  • 活動中の期間
  • クロージング(退社調整と入社まで)の期間

結論から先取りすれば、スタートから入社まで平均的には「3ヶ月〜半年程度」と言えます。

これは現在の会社をどのように退職するかによって左右されることになります。

転職活動を始める前に参考になりますので、ぜひ最後までご一読ください。

転職活動の全体スケジュール

転職活動全体を見渡すと、大きく分けて5つのフェーズがあります。

  1. 準備・情報収集
  2. 転職エージェントとの打ち合わせ
  3. 応募・面接の開始
  4. 内定・オファー受諾
  5. 現職の退職・入社

1つ1つを順番に過ごすわけではありません。

少しずつ重なりながら、転職に向けて進んでいきます。

それぞれのタイミングを少し詳しく解説していきます。

1:準備・情報収集

まず、転職に向けた準備と情報収集を行います。

多くの人が勘違いしていますが、何事もスタートしてから考えれば良いということばかりではありません。

少なくとも、転職活動は「現状分析」と「将来計画」を土台に進めなければ、ミスマッチという不幸を招いてしまいます。

ここで取り上げている準備・情報収集は主に次の3つを意味します。

  • 自己分析
  • キャリアデザイン
  • 業界・企業研究

時間がかかりそうな作業に見えますが、転職サイト等が用意しているツールを活用すると時間短縮することも可能です。

平均的な必要時間は「1週間〜2週間」でしょう。

準備を怠らず、転職活動に入っていきましょう。

以下、当サイトの参考記事となります。

転職における自己分析のやり方|使えるツール(診断)とおすすめ本
自己分析のやり方を理解し、自分を知ることが転職活動を成功させる要因の1つです。こちらでは転職活動における自己分析のやり方と無料で使える診断ツール、おすすめしたい本をご紹介して行きます。
キャリアデザイン(設計)とは?やり方とポイント|管理人の実例付き
キャリアデザインという言葉が一般的になってきています。 以前は大学卒業時に入社した会社を定年退職(60歳または65歳)まで勤め上げることが一般的でした。 そのため、「キャリアデザイン=社内の部署をどう経験するか」と考えられていた...
転職活動における業界分析・企業研究のやり方とポイント|具体例あり
転職活動がスタートすると欠かせない作業が「業界分析・企業研究」です。 仕事を続けながら、業界分析や企業研究を行う時間がない!という悩みも理解できます。 もし、あなたが同じ業界内で転職を希望しているのであれば、この作業は最低限で良...

2:転職エージェントとの打ち合わせ

準備を進めると同時に、あなたのパートナーとなる転職エージェントを選定します。

転職エージェントとは「あなたと企業をつなぐ仲介パートナー」です。

現在の転職シーンでは、エージェントとの協働が欠かせません。

あなたも信頼できるパートナーを見つけ、共に転職を目指すことをおすすめします。

ここでは、次の作業を行います。

  • 履歴書の作成
  • 職務経歴書の作成

エージェントの選定を行い、面談へと進みましょう。

この手順で必要な期間は「1週間〜2週間」です。

1つ目の準備から、エージェントの選定まで短ければ「2週間程度」で済ませることが可能です。

3:応募・面接開始

求人への応募

準備とパートナー選びが終われば、転職に向け、求人への応募を行いましょう。

応募はあなたが直接行うケースや、エージェントを通して行うケースがあります。

最近は、エージェント経由であっても、転職サイトやアプリを通して、応募したい求人をあなたが選定する仕様になっています。

1つ目の準備段階で業界・企業研究を行っていれば、スムーズに応募したい求人を選ぶことができます。

もし、この段階で迷ってしまってもパートナーであるエージェントと相談しながら応募作業を進めましょう。

このタイミングは「1週間程度」で初期応募を済ませましょう。

選考・面接

応募が完了すれば、書類選考が行われ、面接に呼ばれるようになります。

中途採用の面接は2回または3回程度行われます。

面接後の結果は翌日または翌々日には、判明します。

面接が2回の企業であれば「3週間程度」、3回の企業であれば「1ヶ月〜5週間程度」で内定通知となります。

ただし、このスケジュール感覚はあなたの面接候補日程が多く用意できる場合に限ります。

転職活動を進めるタイミングが多忙であれば、選考が長引くことを理解しておきましょう。

4:内定・オファー受諾

面接が終われば、内定通知があなたに届きます。

中途採用の際に出される内定通知は、内定通知後に「オファー面談」を行う場合があります。

これは、あなたをどのように評価したことで内定を出したのか、期待している役割、詳細の採用条件を通知するフランクな面談です。

ここで年収や諸条件に関する内定通知書を受け取ることになります。

企業によっては「3営業日以内」の回答を要求することがあります。

オファー面談のタイミングは揃えることをおすすめします。

内定数によりますが、1週間〜2週間程度の期間が必要となります。

5:退職手続き・入社準備

内定を受諾すれば、入社に向けた手続きを進めましょう。

現職の会社に退職する旨を伝え、退職日を確定させましょう。

退職日が決まれば、入社日が決定します。

このタイミングで煩わしい作業が起きることのないよう、毅然とした態度で退職する旨を伝えることが重要です。

既に退職している場合は、入社日の決定を進めるだけです。

内定通知後、主に「1ヶ月後」に入社する日程を提示されることが多くなっています。

転職活動の全体期間は

ここまで転職活動における全体的なスケジュール感覚をまとめました。

これらを統括すると、転職活動の全体期間は「約3ヶ月」となります。

この3ヶ月は内定後、入社するまでの期間を含んでいます。

転職活動のスタートから内定までが、約1ヶ月半程度となります。

その後、内定受諾を行い、入社するまで約1ヶ月半から2ヶ月という期間が必要になります。

これらの期間を合計すると、転職活動には約3ヶ月程度と必要となります。

まとめ

こちらの記事では「転職活動のスケジュール」についてご紹介してきました。

ポイントをおさらいしておきます。

  • 転職活動は約3ヶ月程度かかる
  • 準備期間を設けることでミスマッチを防ぐ
  • 内定から入社まで1ヶ月から2ヶ月必要

転職活動は、就職活動と違って、スケジュール感覚を把握しておくことが重要です。

知らずに始めてしまい、転職活動中に焦ってしまった私のようなミスを犯さないように、ぜひ参考していただければ幸いです。

コメント