転職活動を効率的に素早く進めるコツとは|最短で転職する方法

転職に向けた準備

転職活動を効果的に素早く進めるコツをご紹介していきます。

一刻も早く転職したい!と考えている人は少なくありません。

ただし、一般的に転職活動は準備期間を含めるとスタートから新しい会社に入社するまで「3ヶ月程度」必要と言われています。

ただし、これも準備期間の短縮や様々なサービスの活用、あなたの努力次第で期間を短縮することができます。

具体的には次のようなポイントをまとめています。

  • 準備期間ゼロで走り始める
  • パートナーをフル活用
  • 退路を絶って転職活動
  • 短期間転職活動のデメリットと注意点

私の肌感覚ですが、最短で転職先を決めるためには最低でも2週間〜3週間、入社となると一ヶ月半程度かかると考えます。

最短で転職したいあなたは、この内容を踏まえて、活動してみることをおすすめします。

ただし、時間を優先してあなたの希望を我慢することがないよう読み進めてください。

準備期間ゼロで転職活動をスタート

転職を最短で行うために欠かせないポイントが「準備期間の短縮」です。

当サイトでは、転職活動の成功を左右するポイントといて「準備の大切さ」を重視しています。

しかし。

最短で転職を果たすためには悠長に準備を行っている時間はありません。

まさに「走りながら考える」を実践することが重要となります。

とりあえずスタートする

先ほども述べた通り、最短での転職を成功させるためには「まず始める」ことが大切です。

細かな自己分析や業界分析や転職活動を進めながら、都度行っていくことになります。

まずは転職活動の冒頭で時間を取られがちな、次の登録作業を完了させます。

  • 転職サイトへの登録
  • 転職エージェントへの登録

何事も、はじめの一歩が億劫なものです。

この2つのツールへ登録してしまえば、選考連絡を含め、サポートを受けることができます。

詳細は後述しますが、エージェントは履歴書や職務経歴書の添削を行ってくれます。

まさに、走りながら考える伴奏者と言えます。

走りながら準備

転職活動には準備しなければならないものがあります。

  • 履歴書
  • 職務経歴書

この2つの書類は絶対に欠かせない準備物です。

特に、職務経歴書はあなたの社会的な価値を相手に理解してもらうための重要な書類です。

本来は十分な時間を取り、エージェント等に相談しながら完成させます。

しかし。

最短の転職を目指す場合は、転職活動を進めながら、これらの書類を作成していくことになります。

この場合は先ほども触れた通り、パートナーであるエージェント等をフル活用して準備を進めていきましょう。

詳細な方法は後述します。

コミュニケーション能力を常にONに

転職活動はコミュニケーションコストが大きく必要になります。

普段から社交的で人と関わることが好きなタイプの人でも「人付き合いに疲れる」ことがあります。

  • ひっきりなしに届く転職サイトからのメール
  • エージェントからの着信

これらの連絡・相談にかかるコミュニケーションコストは想像を超えるものです。

いつも以上に疲れを感じる可能性がありますが、最短で転職するためには、パートナーとの連絡を密にして、スケジュールを詰めていく必要があります。

もともと社会的なタイプの方でも、疲れを感じることがありますので、常にコミュニケーションアラートをONにしておき、パートナーとの関係を築くようにしましょう。

パートナーをフル活用

転職を最短で成功させるためには「パートナーのフル活用」が欠かせません。

ここで述べるパートナーとは「転職エージェント」を意味しています。

最短で転職を目指す場合は、転職サイトよりもエージェントを活用した転職がおすすめです。

あなたと応募企業の間に入ってくれるため、円滑かつ迅速に選考を進めることが可能だからです。

ここでは、3つのポイントに絞って、フル活用するコツを見ていきます。

エージェントをフル活用

まず、エージェントが持つ能力やメニューをフル活用しましょう。

具体的には次のような項目が考えられます。

  • 求人票のリストアップ
  • 業界・応募企業研究の援助
  • 履歴書添削
  • 職務経歴書添削
  • 面接対策

転職エージェントはこれまでに支援してきた膨大な数の転職データを保有しています。

昨今では、これらのデータをビックデータとして活用し、転職に関する情報分析を行っています。

この情報分析に基づいた、各種サポートをフル活用することが重要です。

無料で利用できるサービスだからと遠慮せずに、担当者の時間をフル活用するつもりで要求し続けることが重要です。

面接にフルコミットしよう

エージェントが持つ能力やサービスメニューをフル活用した上で、あなたは面接にフルコミットすることになります。

事前の書類審査が重要とは言え、日本企業の多くは面接を通して合否を判断します。

とくに面接官が「どう感じたか」を重視する企業が多いため、面接当日の印象や受け答えが最も重要です。

このため、最短での転職を目指す場合は、わずかに取れる事前準備の時間を「面接対策」に全てつぎ込みましょう。

エージェントのサポートには最高の面接で応える。

これがあなたに求められる恩返しです。

日程調整も丸投げ

転職活動で煩わしい作業の1つが「面接日程の調整」です。

この日程調整もエージェントを活用すれば「丸投げ」できます。

先ほども述べた通り、あなたは面接に集中することが求められます。

空いている日程をエージェントに投げておき、調整された結果に対応することをこころがけましょう。

人間の判断力は1日で使える上限が決まっています。

あなたの判断力を面接対策に集中できるように、エージェントに丸投げすることを恐れないでください。

退路を絶って転職活動

最短での転職を成功させるためにはメンタル面でも退路を断つことが有効です。

人は甘い生き物です。

かく言う私も自分に甘すぎます。。。

甘えないように現在の職場へ退職意思を伝え、退路を断つ方法についてまとめてます。

退職意思を表明してからスタート

まず、現在の職場へ退職する意思を表明しましょう。

あなたが重要な存在であればあるほど、慰留されます。

しかし。

転職する意思を固めているのであれば、一歩も譲らず、退職する旨を通告しましょう。

ここで譲歩してしまうと、ずるずると退職することができなくなります。

確固たる意思が重要です。

退職日までに決める決意

退職意思を表明すれば、退職日が決まります。

上司等から「次の会社は決まっているか?」と聞かれるかもしれません。

ここは「決まっている」と嘘をついていいでしょう。

退職日を設定することで、転職活動の締め日が決まるようなものです。

何事も締め切りが設定されると、集中して取り組むことができます。

退職日に向けて、必ず内定を獲得するという目標設定が可能になります。

焦りすぎは注意

ここまで最短での転職を目指したポイントをご紹介してきましたが、焦りすぎには注意しましょう。

特に、退職日が決まり、焦る要因が増えることになります。

しかし。

後ほど詳細はまとめますが、ここで焦ってしまい、希望しない業界や会社へ転職してしまっては本末転倒になります。

退職した後も転職活動を継続する可能性を頭に入れた上で、転職活動を進めることをおすすめします。

短期間転職の注意点とデメリット

最短で転職を目指す場合には注意しなけらばならないことがあります。

また、タイミングによってはデメリットと言える現実を受け入れる必要もあります。

ここでは注意点およびデメリットを3つのポイントでまとめます。

  • ブラック企業に注意
  • 転職先の希望を明確に
  • タイミングが合えば最適

ブラック企業に注意しよう

まず、最も注意が必要なポイントが「ブラック企業」です。

ブラック企業と呼ばれる企業は人の入れ替わりが激しいため、通年で大量採用を行っています。

転職サイト等で常に上位に求人広告を掲載している企業は注意が必要です。。。

これらの企業は大量採用・大量退職を繰り返しているため、ノウハウが社員に定着することなく恐怖政治等で社内統治を行っています。

最近は長時間労働等のブラック企業は減少傾向にありますが、パワハラ等は減る兆しがありません。

あなたが考えるブラック企業の基準を明確に持ち、転職活動を行いましょう。

最低限の希望と軸を持とう

2つ目のポイントは「最低限の希望業界や転職軸を持つ」ことです。

転職活動は希望業界を定めることから始まります。

これまで働いてきた業界内で転職するのか、異業種へ挑戦するのか、この判断は重要です。

最短での転職を目指す場合、走りながら考えるため、現在と同じ業界内での転職にかたよる可能性があります。

あなたが希望する業界や重視する働き方をエージェントへ明確に伝えておくことがポイントとなります。

転職に適したタイミングをつかもう

最後は「転職に適したタイミングをつかむ」ことです。

これは最短での転職を目指す場合のデメリットとも関係があります。

転職市場が活性化するタイミングは”ほぼ”決まっています。

  • 4月1日入社
  • 10月1日入社

このどちらかに合わせた、採用活動が活発化する時期が転職に適したタイミングとなります。

もし、これから転職活動を行おうかと悩んでいる場合は、次の時期に転職活動を行うと求人が多く、選択肢が多くなります。

  • 1月〜3月
  • 7月〜9月

最短での転職を目指す場合でも、活況のタイミングに活動を行えれば選択肢が多くなり、良い結果を獲得しやすくなります。

まとめ

今回は「最短での転職」についてご紹介しました。

ポイントをおさらいしておきましょう。

  • 走りながら転職を進める
  • パートナーをフル活用
  • 退路を断って転職活動に集中

最も重要なポイントは「パートナーをフル活用」することです。

エージェントはあなたが転職成功すれば手数料を得ることができます。

あなたもエージェントへフルコミットすることで相乗効果が生まれ、最短での転職に成功する確率が高くなります。

信頼できるエージェントと出会い、全幅の信頼で転職活動を進めていきましょう。

あなたの転職活動が少しでもうまくいくよう参考になれば幸いです。

コメント